ビットコインの過去データ csvファイルを提供

仮想通貨のブームと言ってもよく、新聞やニュースでも特にビットコインが話題となっています。ちょっと相場にかじったことのある人や、このブログの読者の方々などはデータ分析というのが重要だと知っていますので、そのデータを探しにこちらへ訪問してこられます。

魚そのものではなく釣り方を教えるという方針のもと、方法論を書くことが多いのですが、とは言っても魚も欲しいという人が多いのも事実です。そんな方々にお答えしようと、直近までの日足ですが、過去データ(ヒストリカルデータ)をcsvファイル形式でご用意いたしました。ダウンロードするだけで使えると思います。

なお、分足の要望はありますでしょうか?コメントや問い合わせでご連絡頂ければと思います。

主要な仮想通貨(複数の取引所で計算された指数化した値)2018/2/22までのデータです!

国内取引所の生データ
BTCJPY(Zaif、Coincheck、bitFlyer、bitFlyerFX、Quoine)

取引所=仮想通貨交換所
※コインチェックのデータは、2017/12/19~2018/1/22まで取得できていないようです。
※Quoineのデータは更に取れなかったのですが、ないよりはマシだと思い載せています。

Pythonのコードは以下をお使い下さい。

import requests
import datetime
import pandas as pd
import csv

def daily_price_historical(symbol, comparison_symbol, limit=1, aggregate=1, exchange=’CCCAGG’, allData=’true’):
url = ‘https://min-api.cryptocompare.com/data/histoday?fsym={}&tsym={}&limit={}&aggregate={}&allData={}’\
.format(symbol.upper(), comparison_symbol.upper(), limit, aggregate, allData)
if exchange:
url += ‘&e={}’.format(exchange)
page = requests.get(url)
data = page.json()[‘Data’] df = pd.DataFrame(data)
df[‘timestamp’] = [datetime.datetime.fromtimestamp(d) for d in df.time] return df

df = daily_price_historical(‘BTC’,’JPY’)
df.to_csv(‘btcjpy_cccagg.csv’)

Print Friendly, PDF & Email

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

当サイトは、システムトレードに関する専門的な知識、技術、経験を皆様と共有することで、真剣なトレーダーの方々にインスピレーション(アイデアの源泉)の供給をいたします。トレーダーの競争力強化に焦点をあて、トレーディングシステムの構築を目的としてその普及に貢献します。 詳細は「概要とサービス内容」をご覧下さい。 ご要望はこちらで承ります。