マーケット解説をスタート

日本からグローバル展開を目指すトレーダーに最適
キャンペーンなし、本格派のための本物ブローカー
ゴールドと暗号資産に強い

インジケーターの開発をいたしました。暗号資産にも使える!ぜひご覧ください。
MT5 短期トレード検証用インジケーター【コストアナリシス】
スプレッド水準を把握しながら取引できるインジケーターです。①デイトレード・スキャルピングの際の価格変動対コストの把握や、②トレード可能な商品の選定にも使えます。※MT5のみです。

暗号資産取引所は米国発のFTXをお勧めします。
トレーダーのための取引所でサードパーティーのアルゴボットの提供が豊富です。

【マーケット解説の注意事項】

価格が動いたことや動かなかったことについて、その理由や背景を記載し何が起こったのかを把握してもらうことが目的です。一般的な市況と変わりませんが以下の着眼点が異なります。

差異性:金融市場を俯瞰して暗号資産の市況解説をする

  • トレーダーのための市況解説
  • 金融市場からの暗号資産のポジショニング

※トレーダーは何をトレードしてもよいので、ホットかつ妙味のある商品を対象としてもよいし、暗号資産に妙味がなければ無視してもよい。

以下のポイントを考慮しながらお読みください。
①材料が一過性のものなのか
②価格へのインパクトが継続するものなのか

これらのポイントまでおさえられればいいのですが、上がるのか下がるのかの予想と同様に継続性は判断がつきにくいため明確に提示をしておりません。百歩譲って上下の予想は偶然性が高いですが、ボラティリティの継続や材料の賞味期限は今後の経験値を積み重ねるにつれて予測できるような気もしています。ボラティリティの継続は短期的に予測可能であると学術的にも証明されていたと記憶しています。なので、まだ上下の予想よりも確実性が高いと言えるでしょう。

トレーダーとしての心構え

・「物事が起こってからの解説」は巧拙があるとはいえ、いかようにも解釈ができる。なので起こったイベントを把握しておくという名目で、ただ単に目を通すだけでよい。予測の力量はトレードの成績には影響しない。
・理由・原因がわかるのは事後。今、マーケットで起こっていること、特に価格が動いているときは何が起こっているのかわからないのが常である。つまり、目の前で起こっているマーケットの動きは説明できない。
・方向性がわからなくても儲けることは可能。上がるのか、下がるのかを知りたい人もいるがそれは占い師の仕事。トレーダーは上がるのか下がるのかわからなくても両方に買いストップ、売りストップを入れれば儲けられる。
・アナリストやストラテジストが「上がる」と説明しているマーケットに対して、戻りや調整局面に対して利益を出すことができる。

したがって、マーケット解説や市場分析などは掃いて捨てるほどあるし、そこを土俵にして解説で食っていこうとするのはしんどいです。せいぜいシャープに伝えられるか伝えられないかくらいの違いです。そもそもトレーダーは市況を知らなくても勝てる人は勝てる。

マーケット解説や市場分析は単なるノイズと捉えることができれば一皮向けた証拠なのかもしれません。(ただし深掘りすることで重要なファクターを発見するに至る可能性もありますので、やはり王道としてマーケットニュースに携わるというのは大事だと思います。私が身をもって実践中です。)

上記の考えを踏まえた上でマーケット解説・市場分析をしていくつもりですが読者の方々は改めて私の考えの下、有効活用していただければいいなと思っております。トレードに直結しないマーケット解説や市場分析のみの人と、そうでない私のような考えの人が書いたレポートとでは少しスタンスが異なるはずです。が、やはり私が書いても表面的には「一般的な市況と変わらない」のはやむなしと捉えて下さい。

ちなみにニュースなどは2次材料で、ニュースがマーケットを動かすわけではありません。マーケットを動かすのは買いと売りの行動=需給です。株式で言えばどんなに決算発表がよくても、買う人がいなくて売る人ばかりだったら下がります。倒産のニュースが出ても買う人が多ければ上がります。マーケットなんてそんなものです。

マーケット解説や市場分析に【トレード妙味のある銘柄】も加えておりますが、今後、このルーチンワークに慣れてくれば、さらにアルゴ的な分析も取り入れて、より実践に向けての情報を提供できればよいなと思っております。まずは継続することが重要だと思いますので引き続きよろしくお願いいたします。

Print Friendly, PDF & Email

日本からグローバル展開を目指すトレーダーに最適
キャンペーンなし、本格派のための本物ブローカー
ゴールドと暗号資産に強い

インジケーターの開発をいたしました。暗号資産にも使える!ぜひご覧ください。
MT5 短期トレード検証用インジケーター【コストアナリシス】
スプレッド水準を把握しながら取引できるインジケーターです。①デイトレード・スキャルピングの際の価格変動対コストの把握や、②トレード可能な商品の選定にも使えます。※MT5のみです。

暗号資産取引所は米国発のFTXをお勧めします。
トレーダーのための取引所でサードパーティーのアルゴボットの提供が豊富です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

当サイトは、システムトレードに関する専門的な知識、技術、経験を皆様と共有することで、真剣なトレーダーの方々にインスピレーション(アイデアの源泉)の供給をいたします。トレーダーの競争力強化に焦点をあて、トレーディングシステムの構築を目的としてその普及に貢献します。 詳細は「概要とサービス内容」をご覧下さい。 ご要望はこちらで承ります。