CME FedWatch Tool (取引所提供の米連銀金利ウォッチ)

マーケットは自己のメカニズムで動きますので、思い通りに動かすのは難しいですが、一つ、人為的に巨大な影響を与えられるイベントと言えば、FOMCの政策金利決定でしょう。

雇用統計、その他もろもろのイベントは言わばFOMCで決定される材料のうちの一つでしかありません。金利マーケットは超巨大で、まあ貨幣経済においてそのレンタル料である金利というのが重要なファクターだからなのですが、その「ターゲット」についてはどのマーケットを取引するにしても見ておくべきでしょう。マーケットの蛇口と思えばいいかもしれません。米国の政策金利が中心となるのは、ただ単に米国経済が大きいからです。

CME FedWatch Tool (取引所提供の米連銀金利ウォッチ)

2018年3月の利上げが濃厚です。株価が堅調であれば利上げしやすいのでその確率は高まります。今はそういう論理思考となっていますが、その論理思考が変わる時もあり、例えば利上げ確率が高まったから株価が下がるといった考えに至ることもあります。なので、状況に応じて論理が変化するため、金利と株価、通貨の値動きの関連性を一つの方程式で説明するのは難しいです。

Print Friendly, PDF & Email

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

当サイトは、システムトレードに関する専門的な知識、技術、経験を皆様と共有することで、真剣なトレーダーの方々にインスピレーション(アイデアの源泉)の供給をいたします。トレーダーの競争力強化に焦点をあて、トレーディングシステムの構築を目的としてその普及に貢献します。 詳細は「概要とサービス内容」をご覧下さい。 ご要望はこちらで承ります。