マーケットへの情熱 - ビットコインの熱狂はどこへ –

結構考えていることはみんな同じで、例えば仮想通貨で言えば、もうブームが過ぎ去ったと考えている人は多いです。今年に入ってからですが、上昇が見られない今、とりあえず保有して諦めている人も多いという感じでしょうか。いわゆる塩漬けをしている人も多いことでしょう。

広告業・アフィリエイトのトレンドについても一気に収束したという話も聞きますし、ブームは沈静化したという見方ができます。ここで次の準備のために仕込んでいる人とそうでない人の差が出てきます。次の準備とは、仮想通貨を買っておくということだけではありません。トレーディング手法を過去データで試すこと、自動売買環境を構築することがシステムトレーダーには求められています。

情熱を持って取引をガンガンやる人は、静かなマーケットでは逆にモチベーションが落ちて取引をしません。せっかく腕が磨かれたのに、環境のせいにして暇を持て余してしまうんですね。その情熱をシステム化に向けてみましょう。システム売買のいいところは、情熱や感情を抜きに粛々とトレーディングを繰り返すことです。構築することは大変な労力を伴いますが、一旦構築すればあとは監視をするだけで大変楽です。

何も波風立たないマーケット、やる気の起こらないマーケットであっても、プログラムは常に動き続けそのトリガーを探します。その出発点はいつどこで始まるかわかりません。そんな「兆し」を見つけられるようプログラムだけは動かし続けましょう!

Print Friendly, PDF & Email

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

当サイトは、システムトレードに関する専門的な知識、技術、経験を皆様と共有することで、真剣なトレーダーの方々にインスピレーション(アイデアの源泉)の供給をいたします。トレーダーの競争力強化に焦点をあて、トレーディングシステムの構築を目的としてその普及に貢献します。 詳細は「概要とサービス内容」をご覧下さい。 ご要望はこちらで承ります。