米インフレのコメントで度々出てくる「ベース効果」

日本からグローバル展開を目指すトレーダーに最適
キャンペーンなし、本格派のための本物ブローカー
ゴールドと暗号資産に強い

インジケーターの開発をいたしました。暗号資産にも使える!ぜひご覧ください。
MT5 短期トレード検証用インジケーター【コストアナリシス】
スプレッド水準を把握しながら取引できるインジケーターです。①デイトレード・スキャルピングの際の価格変動対コストの把握や、②トレード可能な商品の選定にも使えます。※MT5のみです。

暗号資産取引所は米国発のFTXをお勧めします。
トレーダーのための取引所でサードパーティーのアルゴボットの提供が豊富です。

なんやら難しい用語だな、と経済学のクラウディングアウトや非不胎化介入と同じように捉えている方もいらっしゃるかもしれませんが、ベース効果に限って言えば全く難しくないです。

CPI(消費者物価指数)やGDP(国内総生産)は一年前の同じ月と比べるのが一般的ですが、その一年前が極端な値であった場合においてもその値を基準として計算するので少しオーバーな数字が出ますよという話です。

以下の画像は日経平均の推移ですがブルーのラインが日経平均でオレンジのラインが1年前の日経平均との価格差です。2020年3月に一旦下がったところから徐々に戻ってきたところをベースとしているので3月が天井となっています。

要するに数字はそんなに変化していませんが、基準が変わったため数字が変わったように見えますよということを「ベース効果によるもの」と説明しているだけです。

成績の悪い子が転校してその先でクラスで2番の成績になったとしても、それはベース効果によるものなのか本人の努力によるものなのかは神のみぞ知るということになります。

Print Friendly, PDF & Email

日本からグローバル展開を目指すトレーダーに最適
キャンペーンなし、本格派のための本物ブローカー
ゴールドと暗号資産に強い

インジケーターの開発をいたしました。暗号資産にも使える!ぜひご覧ください。
MT5 短期トレード検証用インジケーター【コストアナリシス】
スプレッド水準を把握しながら取引できるインジケーターです。①デイトレード・スキャルピングの際の価格変動対コストの把握や、②トレード可能な商品の選定にも使えます。※MT5のみです。

暗号資産取引所は米国発のFTXをお勧めします。
トレーダーのための取引所でサードパーティーのアルゴボットの提供が豊富です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

当サイトは、システムトレードに関する専門的な知識、技術、経験を皆様と共有することで、真剣なトレーダーの方々にインスピレーション(アイデアの源泉)の供給をいたします。トレーダーの競争力強化に焦点をあて、トレーディングシステムの構築を目的としてその普及に貢献します。 詳細は「概要とサービス内容」をご覧下さい。 ご要望はこちらで承ります。