合理的な行動とは

個人投資家はマクロ経済状況に敏感に反応して合理的な行動を取っているつもりで株式売買を頻繁に繰り返すことは多いのですが、実際は取引手数料等のコストを余計に支払うこととなり、結果的には非合理的な行動であったということがよくあります。個人投資家が勝てない原因の第一位がこの過剰売買です。システムトレードに携わることで得られる最も大きなメリットは、この取引手数料等のコストが具体的に把握できることでしょう。文句の言いようがない綺麗な損益曲線を描くモデルであったとしても市場の最低コストを引いただけでガタガタになってしまうことはよくあります。また、システムトレードの開発作業により最適な取引間隔も見えてくることからメリットは大きなものとなるでしょう。一方デメリットは、株式投資を始めた頃の大儲けの幻想が消えてしまうことだと言えそうです。

Print Friendly, PDF & Email

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

当サイトは、システムトレードに関する専門的な知識、技術、経験を皆様と共有することで、真剣なトレーダーの方々にインスピレーション(アイデアの源泉)の供給をいたします。トレーダーの競争力強化に焦点をあて、トレーディングシステムの構築を目的としてその普及に貢献します。 詳細は「概要とサービス内容」をご覧下さい。 ご要望はこちらで承ります。