エージェントベースアプローチに見られる市場の行く末

ほぼ正確に市場価値を算出できる合理的投資家と自分自身の予測に基づいて行動するノイズトレーダーの2種類が存在するという仮定で、人工知能の技術を使ってシミュレーションを行った場合の金融市場の遷移についてまとめてみます。結論としては、何も金融市場だけが特別だというわけではなく、単純な力関係だけでは推し量れない自然界でも見られる現象です。

1、ほぼ正確に市場価値を算出できる合理的投資家と自分自身の予測に基づいて行動するノイズトレーダーが同数存在した場合、取引価格は理論値に収束し、合理的投資家が生き残る。ノイズトレーダーは排除される。

2、ノイズトレーダーが多い場合や行動の制約が多い場合は、取引価格は理論値から乖離し、合理的投資家は排除される。ノイズトレーダーが生き残る。

Print Friendly, PDF & Email

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

当サイトは、システムトレードに関する専門的な知識、技術、経験を皆様と共有することで、真剣なトレーダーの方々にインスピレーション(アイデアの源泉)の供給をいたします。トレーダーの競争力強化に焦点をあて、トレーディングシステムの構築を目的としてその普及に貢献します。 詳細は「概要とサービス内容」をご覧下さい。 ご要望はこちらで承ります。