【MT5のワンティップ】COrder抽象注文テスト

COrderベースのオブジェクトがどのように作成され、データが入力されるのかをテストしていきます。さらに、それをベースにしてタイプ別にオブジェクトを開発し、コレクションに格納していきます。

Expertsディレクトリまたはサブディレクトリに、新しいフォルダを作成し、TestDoEasyと名付けます。次に、新しく作ったフォルダの中に、もう一つのフォルダを作ります。Part01です。テストEAのファイルはこの中に置くことになります。

エディタのナビゲータでPart01を右クリックして、ポップアップメニューから「新規ファイル」を選択するか、Part01フォルダをハイライトした状態でCtrl+Nを押します。次へ」をクリックして、名前の入力欄に新しいTestDoEasyPart01ファイルの名前を追加します。ウィザードが終了するまで「次へ」をクリックします。このテストでは、追加のイベント・ハンドラは必要ありませんので、すべてのチェックボックスを空にしておいて構いません。完了」をクリックすると、新しいEAテンプレートが作成されます。

このテストはかなりシンプルです。COrder abstract orderのクラスと、標準ライブラリのCArrayObjクラスをインクルードして、オブジェクトリストを作成するだけです。

コンパイル時にはProtectedからPublicへコンストラクタを異動させます。

取引口座の履歴内のすべての注文と取引に関するデータがターミナル操作ログに表示されます。
Print Friendly, PDF & Email

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

当サイトは、システムトレードに関する専門的な知識、技術、経験を皆様と共有することで、真剣なトレーダーの方々にインスピレーション(アイデアの源泉)の供給をいたします。トレーダーの競争力強化に焦点をあて、トレーディングシステムの構築を目的としてその普及に貢献します。 詳細は「概要とサービス内容」をご覧下さい。 ご要望はこちらで承ります。