【MT5のワンティップ】プライベートメソッドを宣言、プロテクトクラスのコンストラクタを実装

日本からグローバル展開を目指すトレーダーに最適
キャンペーンなし、本格派のための本物ブローカー
ゴールドと暗号資産に強い

インジケーターの開発をいたしました。暗号資産にも使える!ぜひご覧ください。
MT5 短期トレード検証用インジケーター【コストアナリシス】
スプレッド水準を把握しながら取引できるインジケーターです。①デイトレード・スキャルピングの際の価格変動対コストの把握や、②トレード可能な商品の選定にも使えます。※MT5のみです。

暗号資産取引所は米国発のFTXをお勧めします。
トレーダーのための取引所でサードパーティーのアルゴボットの提供が豊富です。

インクルードファイル「 Order.mqh」に記載する処理の内容です。注文データからプロパティを受け取るためのプライベートメソッドを宣言し、実装しました。

注文/取引/ポジションの整数プロパティを取得するためのメソッド

・チケットを返す

・親注文チケットを返す

・子注文チケットを返す

・ポジションIDを返す

・反対側のポジションIDを返す

・開始時間(ミリ秒)を返す 

・終了時間(ミリ秒)を返す 

・型を返す

・方向別に型を返す  

・実行タイプを返す 

・注文の有効期限を返す

・注文の理由またはソース

・取引が実行された注文

・取引の方向 – IN, OUT, IN/OUT

・ストップロスによる決済のフラグを返す

・テイクプロフィットによる決済のフラグを返す

・開始時間を返す

・終了時間を返す 

・有効期限を返す 

・ポジション変更時間(秒) 

・ポジション変更時間(ミリ秒)   

注文/取引/ポジションの実数プロパティを取得するためのメソッド:

・始値を返す

・終値を返す

・利益を返す

・手数料を返す

・スワップを返す

・ボリュームを返す

・実行されていないボリュームを返す

・ストップロス価格を返す

・テイクプロフィット価格を返す

・リミット注文価格を返す(ストップリミット注文の発動

注文/取引/ポジションの文字列プロパティを取得するためのメソッド:

・銘柄を返す

・コメントを返す

・取引所によって使用されるIDを返す

次に、チケットがコンストラクタに渡された注文のすべてのプロパティを保存するメソッドを書き込んで、プロテクトされたクラスのコンストラクタを実装しましょう。

⇒プロテクトクラスのコンストラクタを実装する。

ループの中で履歴やマーケットの注文/取引/ポジションを渡したり、新しい注文/取引/ポジションを選択したりすると、COrder クラスから派生した新しいオブジェクトが作成されます。注文ステータスとチケットを特徴としたクラスコンストラクタは、注文チケットのみを受け取るクラスコンストラクタで呼び出されます。次に、注文のプロパティ配列は、上述のメソッドを使用して COrder クラスのコンストラクタに単純に入力されます。

このようにして、新しい注文/取引/ポジションはそれぞれ固有のプロパティを持つことになります。これらはすべてリストに格納されますが、そのようなリストを扱うことがこのライブラリの主な活動です。リストは、注文/取引/ポジションのプロパティのいずれかでソートすることができます。また、選択したリストから新しいリストを生成することも可能です。

この段階では、COrder抽象注文クラスの基本的な機能が実装されています。これは、様々なタイプの注文/取引/ポジションを格納するための基本クラスです。他のすべてのクラスは、注文/取引/ポジションの種類ごとに分けられたオブジェクトを作成するために、このクラスから派生します。

このライブラリは、データへのアクセスを簡素化し、プログラムの開発を容易にするために作成されています。

現在の状態では、GetProperty(XXX)という抽象的な注文のプロパティにアクセスするための3つのパブリックメソッドがあります。これらを利用することもできますが、特定のオーダーのプロパティを記述する列挙体のメンバ名を覚えておく必要があるため、あまり便利ではありません。そこで、必要なデータを取得するために、さらにいくつかのパブリックメソッドを追加します。これらのメソッドは、どのようなプロパティを取得できるのかが一目でわかるように、適切な名前を付けます。

これらのメソッドは、カスタムプログラムで、選択した注文/取引/ポジションのプロパティを読み取るために使用できます。

ポイント単位の利益を受信するメソッドの実装:

また、注文オブジェクトのいくつかのプロパティを記述するパブリックメソッドを追加して、必要に応じて便利な方法で表示できるようにしましょう。これらのメソッドを実装する前に、さらに別の問題を解決しましょう。このライブラリとそれをベースにしたプログラムは、さまざまなサービス機能を必要とします。例えば、今回のケースでは、時間をミリ秒単位で表示する機能と、2つの言語のうち1つでメッセージを受信する機能が必要です。メッセージの言語は、端末の言語に依存します。

Print Friendly, PDF & Email

日本からグローバル展開を目指すトレーダーに最適
キャンペーンなし、本格派のための本物ブローカー
ゴールドと暗号資産に強い

インジケーターの開発をいたしました。暗号資産にも使える!ぜひご覧ください。
MT5 短期トレード検証用インジケーター【コストアナリシス】
スプレッド水準を把握しながら取引できるインジケーターです。①デイトレード・スキャルピングの際の価格変動対コストの把握や、②トレード可能な商品の選定にも使えます。※MT5のみです。

暗号資産取引所は米国発のFTXをお勧めします。
トレーダーのための取引所でサードパーティーのアルゴボットの提供が豊富です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

当サイトは、システムトレードに関する専門的な知識、技術、経験を皆様と共有することで、真剣なトレーダーの方々にインスピレーション(アイデアの源泉)の供給をいたします。トレーダーの競争力強化に焦点をあて、トレーディングシステムの構築を目的としてその普及に貢献します。 詳細は「概要とサービス内容」をご覧下さい。 ご要望はこちらで承ります。