マーケットに参加している人達

機関投資家が運用する金融資産は、世界の金融資産の7割といわれています。トレーディングの収益はゼロサムゲームだと考えると、アカデミックなリサーチで超過収益を上げることはできないという結論に達するのは当然だとも考えられます。

一方で、一部のトレーダーは超過収益を上げているのも事実であり、運というのは絡んでくるものの、規律を守る、最先端テクノロジーを駆使している、洗練された理論に基づく等、少なからず超過収益を上げるべき収益源泉を兼ね備えていることも事実です。

ただ、中にはガバナンスがうまくいっていない金融機関や超過収益を諦めている投資会社も多く、傍目に見て下手くそな取引を行っているところもあるわけですが、それらの会社も平均的には高めの給料を従業員に支払っているということで、いかに金融業界は特殊な産業だと言えます。

個人投資家はどうでしょうか。中には初心者やギャンブラーそのものの人もいるわけですが、ちゃんと知識を持ちマーケットの仕組みを理解していれば、周りがだらしないだけに、恐らくは負けることはないとも考えられるわけです。ここに来られる方は自信をもってもよいと思います。

本日は米国独立記念日で米市場はお休みです。

Print Friendly, PDF & Email

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

当サイトは、システムトレードに関する専門的な知識、技術、経験を皆様と共有することで、真剣なトレーダーの方々にインスピレーション(アイデアの源泉)の供給をいたします。トレーダーの競争力強化に焦点をあて、トレーディングシステムの構築を目的としてその普及に貢献します。 詳細は「概要とサービス内容」をご覧下さい。 ご要望はこちらで承ります。