ボラティリティ・ミスマッチ

短期のボラティリティブレイクアウトシステムはボラティリティが高くなれば儲けやすく、これらシステムを多く採用しているManaged Futures及びCTAは、ボラティリティが高い環境で高いパフォーマンスを上げやすいのですが、このボラティリティ高と運用しているシステムとの相性が噛みあわなければ利益を上げることができません。これをボラティリティ・ミスマッチといい、まさに今年の相場環境が当てはまります。

2008年のリーマンショック時に利益を上げることができたManaged Futures及びCTAは多かったのですが、2009年は対照的にマイナスパフォーマンスとなりました。2009年のマイナスパフォーマンスはボラティリティの低迷が原因です。しかし、今年はボラティリティが高い環境であるものの、2009年と同じくマイナスパフォーマンスとなっています。このボラティリティ・ミスマッチのミスマッチであるパターンは何なのかはっきりした特徴は見いだせていないのですが、一つの研究では、政府・当局の干渉(SNBが下限を1ユーロCHF1.20に設定等)、アルゴトレーディングの乱高下増幅、グローバルの視点でみた資金フローの異常を例として、日中ノイズの高まりや一日のリバーサルが極端だからだと言われているようです。

Print Friendly, PDF & Email

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

当サイトは、システムトレードに関する専門的な知識、技術、経験を皆様と共有することで、真剣なトレーダーの方々にインスピレーション(アイデアの源泉)の供給をいたします。トレーダーの競争力強化に焦点をあて、トレーディングシステムの構築を目的としてその普及に貢献します。 詳細は「概要とサービス内容」をご覧下さい。 ご要望はこちらで承ります。