エマージング・マーケット投資

エマージング・マーケット担当のファンドマネジャーの中には、新興国の一つをあたかも株式銘柄の一つと見なしてトップダウンの分析を行い、幅広く投資を行うという方法を取っている方がいるようです。発想の転換と言えばそれまでですが、いかにプロといえども国境を隔てた詳細情報を手元に揃えるのは難しいということでしょう。(素人には入手困難な情報であるからこそ努力してもらいたいものですが・・)

エマージング・マーケットの魅力は成長力です。リーマンショック後の底堅さを支えたのは新興国の成長であったとの見方は強いです。現在はその成長力に息切れ感が見られますが、それでも深く分析することによって成長力を見出すことは、トレジャーハンターならぬアナリスト冥利に尽きるというところではないでしょうか。

しかし、リスクは考えているよりも大きいものです。新興国の殆どがローカル通貨を採用していることから、財政・貿易のリスクを負った場合には急激に減価します。例えば、ジンバブエはむしろエマージング・マーケットではなくフロンティア・マーケットと呼べるのかもしれませんが、年間10万%超のインフレが起こり、1000万ジンバブエ・ドル紙幣なんてものもあるそうです。このレベルだと利回りが800%だとしても大損です。

Print Friendly, PDF & Email

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

当サイトは、システムトレードに関する専門的な知識、技術、経験を皆様と共有することで、真剣なトレーダーの方々にインスピレーション(アイデアの源泉)の供給をいたします。トレーダーの競争力強化に焦点をあて、トレーディングシステムの構築を目的としてその普及に貢献します。 詳細は「概要とサービス内容」をご覧下さい。 ご要望はこちらで承ります。