米国のITバブル崩壊(10年程前)

2000年2月頃にピークを付けたナスダック総合指数のチャートです。そこから2年強ほどダウントレンドが続くわけですが、現在から見ても相当な下落であります。この10年間はリーマンショックの下げを考慮に入れてもBOX相場といってもよいくらいのもので、リーマンショック以前の上昇も可愛く見えます。

日本の最大の上げは1990年代ですが、そこから20年と低成長が続きます。米国は日本の失われた10年(20年)が米国で再現されないよう警戒していますが、日本は特に世界を牽引するリーダー国ではなかったですし、今もそうではありませんので、日本と同じような歴史は繰り返さないでしょう。

バブルというのは楽観が悲観を支配するものです。すなわち悲観的な見方が全く存在しない状況が相場を押し上げるわけで、そういう意味では現在の状況は悲観が多くを占めていることからも、下落余地というのはそれほどないのではないかというのが私の見方です。つまり、経済状況や景気はともかく、今後は徐々に株価が上昇していってもおかしくはないと思っています。

Print Friendly, PDF & Email

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

当サイトは、システムトレードに関する専門的な知識、技術、経験を皆様と共有することで、真剣なトレーダーの方々にインスピレーション(アイデアの源泉)の供給をいたします。トレーダーの競争力強化に焦点をあて、トレーディングシステムの構築を目的としてその普及に貢献します。 詳細は「概要とサービス内容」をご覧下さい。 ご要望はこちらで承ります。