日米株価の相関分析

3月2日から今日までの日経平均データと、3月2日から5月15日までのNYダウのデータを並べて比較してみました。色々遊べると思いますが、今日はちょっとだけ各データの相関係数を調べましたので紹介しておきます。また、後日データの詳細を分析できればよいかなと思います。

時差の関係で日本のほうが日付が先に進みますが、日米株価の連関ということを考えますと、当日の日本の株価→当日の米国の株価というよりは前日の米国の株価→当日の日本の株価という関係のほうが深いと思われます。

Print Friendly, PDF & Email

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

当サイトは、システムトレードに関する専門的な知識、技術、経験を皆様と共有することで、真剣なトレーダーの方々にインスピレーション(アイデアの源泉)の供給をいたします。トレーダーの競争力強化に焦点をあて、トレーディングシステムの構築を目的としてその普及に貢献します。 詳細は「概要とサービス内容」をご覧下さい。 ご要望はこちらで承ります。