指値注文の逆選択リスク

指値注文には逆選択リスクが存在すると言われています。何らかの情報が市場に流れた時、指値注文がその情報を織り込まずに提示が継続された際には不利な値段での提示になる可能性があります。このようなとき、他の有利な情報を持ったトレーダーがその不利な値段で約定させてしまうリスクを逆選択のリスクといいます。この逆選択リスクを防ぐには、情報が更新される度に注文の変更をすることです。

Print Friendly, PDF & Email

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

当サイトは、システムトレードに関する専門的な知識、技術、経験を皆様と共有することで、真剣なトレーダーの方々にインスピレーション(アイデアの源泉)の供給をいたします。トレーダーの競争力強化に焦点をあて、トレーディングシステムの構築を目的としてその普及に貢献します。 詳細は「概要とサービス内容」をご覧下さい。 ご要望はこちらで承ります。