ヘッジファンドの投資タイミングと投資家行動

地合いがよい時は、投資家も強気になります。このようなときは、ヘッジファンドの成績も全体的によいものとなり、投資家はその中でトラックレコードがよいものを選択しようとします。しかし、実はこのような時期には収益源泉であるマーケットの歪み(収益機会)が減少しているときであるとも捉えられます。そうなると、マーケットが次のフェーズに移る段階で良い成績が残せなくなるという現象が見られることとなります。その結果、ほとんどの時期でヘッジファンドの資金流入は成績に遅れることとなり、最悪のタイミングで資金流出入が繰り返されていることが確認できます。厄介なのはよい時期、悪い時期のトレンドは続くときもあり、すぐに転換するときもありと相場を読むことと同様にそのタイミングを見極めることも難しいのです。

Print Friendly, PDF & Email

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

当サイトは、システムトレードに関する専門的な知識、技術、経験を皆様と共有することで、真剣なトレーダーの方々にインスピレーション(アイデアの源泉)の供給をいたします。トレーダーの競争力強化に焦点をあて、トレーディングシステムの構築を目的としてその普及に貢献します。 詳細は「概要とサービス内容」をご覧下さい。 ご要望はこちらで承ります。