(Blue Screen of Death)ブルースクリーン

画面にブルースクリーンが出るとそのパソコンの終焉は近いと言われています。
昨日は、今使っているノート型パソコンが壊れかけて大変でした。一昨年前の夏も同じようにブルースクリーンが連発し、冷や冷やしたことがありましたが、そのときはハードディスクだけを同じ型の中古パソコンに移して難を逃れました。原因ははっきりしませんでしたが、ヘビーユーザーですので恐らく使い過ぎが原因だったのでしょうね。私のノート型パソコンは冷却系があまりよくないという評判でしたが、CPUが少しオーバースペック気味だったのも一因だと思っています。CPUの冷却装置が変色していました。
そんな感じでブルースクリーン・トラブルを経験しつつもこれまでとほぼ同程度の外見で快適に使っていたわけですが、ここ最近、ブルースクリーンが見られるようになりました。そして、昨日、ブルースクリーンの嵐で起動できなくなってしまったのです。セーフモードでも起動できません。
一昨年前にブルースクリーン・トラブルの経験がありましたから、データは無事だと確信しつつも緊張はしました。確率的なもので、何十回か起動して何回かは成功するのですが、その成功した合間にとりあえずハードディスクの容量を減らしました。ふと、横のスロットを見るとSDカードが突き刺さったままでした。こういう場合、ハードウェアは全て取り除くべきであり、これは取らなければと思って取り除いたところ、ブルースクリーンは現れなくなり、とりあえず一安心というところでした。現在もこのPCを使ってブログを書いています。
そんなわけで、一回衣替えをしたとはいえ、既に今のPCは限界を超えて更に限界に達しつつありますので、新しいノート型パソコンを買う時機は今なのかなと思いました。今の時点でWindows7のベータ版が公開されているみたいですし、Vistaは何かと評判がよくないみたいで、そのWindows7はVistaのマイナーチェンジ・バージョンでより安定・軽快なようですから発売まで待ちたかったのですが、流石にそこまで待てないかなという考えです。夏を挟みますし・・。
でも、今出回っている新型パソコンは、安価で今のパソコンと比較にならないくらい性能もいいですので、迷わず買うべきでしょうね。皆さんもそうだと思うのですが、こういう買い物は高額な買い物で迷うというよりは、データの移動などの作業が大変になるので迷うという感じですよね。データそのままお引越しというソフトもあるようですが、地道に移動するのが一番安定します。アプリケーションの認証も面倒ですが、クラッシュしてデータが消去してしまうことを考えると許せる作業です。

トレーディング用パソコン

こちらのページにお勧めパソコンを数台載せました。というより、数台候補に挙がりました。でも、選んだのは12インチお手軽パソコンで、しかもOffice2007を付属しないものです。Office2007のアップグレード版を持っていますので、OEM→アップグレードを新PCに使い、今のパソコンにはOpen Officeでも入れて適当に使えばいいかなというかなり財布の固い考えに至ってしまいました(笑)。トータルで17万ちょいでした。

Vista Businessを使いたかったのと小さいパソコンを持っていなかったのが決めた理由ですね。Vistaも普及しつつありますので、ほとんどのアプリケーションが対応しているところも決め手でした。17インチのほうは、XPかVistaの個人向けしかなかったですし、VistaはWindows7に負けそうな気もしましたので今回は見送りでした。Windows7が浸透する頃は恐らく2012年頃だと思いますが、その頃にはこのような感じのハイエンド・ノート型パソコンに触手が伸びるかもしれません。

Print Friendly, PDF & Email

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

当サイトは、システムトレードに関する専門的な知識、技術、経験を皆様と共有することで、真剣なトレーダーの方々にインスピレーション(アイデアの源泉)の供給をいたします。トレーダーの競争力強化に焦点をあて、トレーディングシステムの構築を目的としてその普及に貢献します。 詳細は「概要とサービス内容」をご覧下さい。 ご要望はこちらで承ります。