株式の年越しをした場合の取得費

タックスアンサーのNo.1466 同一銘柄の株式等を2回以上にわたって購入している場合の取得費で説明されていますが、デイトレード及びシステムトレード手法では、同一銘柄の株式を複数回に渡って売買することが十分に考えられます。年末にポジションを持たない場合はややこしい計算は必要なく、そのまま損益を申告すればよいのですが、株式の年越しをした場合には含み益、含み損に関して節税が可能であることから、その株式の取得費を再計算しないといけないルールとなっています。計算そのものはややこしくないのですが、これが複数銘柄であったりすると計算が煩雑なものとなりますので注意が必要です。計算は、総平均法により平均単価を算出します。

株式平均単価=購入価額の総額÷総数

年末で一度、平均単価を算出し次年度に持ち越すというのはリセットの考えと同じです。含み損がある場合は、売買を繰り返すだけで全ての含み損とまではいかなくともある程度の確定損失を計上することが可能です。この場合、手数料などの売買コストは慎重に見極めないといけません。

Print Friendly, PDF & Email

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

当サイトは、システムトレードに関する専門的な知識、技術、経験を皆様と共有することで、真剣なトレーダーの方々にインスピレーション(アイデアの源泉)の供給をいたします。トレーダーの競争力強化に焦点をあて、トレーディングシステムの構築を目的としてその普及に貢献します。 詳細は「概要とサービス内容」をご覧下さい。 ご要望はこちらで承ります。