Webクエリを使って外部データを取得する方法

何てことはない技ですが、知っていると便利なExcelテクニックです。ウェブサイト上で自動で更新されるデータ、例えばこの場合だとNasdaq指数のデータをYahooファイナンスから取得しています。関数を使って計算もできますので便利ですよ。

 

Excel 2007の「データ」タブのWebクエリを使います。取得するデータはYahooファイナンスのNasdaq指数を例として取得するようにします。

その後、「データ範囲プロパティ」を選択して、コントロールの更新の「定期的に更新する」にチェックをし、更新を一分毎にします。

これで、簡単に外部データ取り込みツールの完成です。

 

Print Friendly, PDF & Email

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

当サイトは、システムトレードに関する専門的な知識、技術、経験を皆様と共有することで、真剣なトレーダーの方々にインスピレーション(アイデアの源泉)の供給をいたします。トレーダーの競争力強化に焦点をあて、トレーディングシステムの構築を目的としてその普及に貢献します。 詳細は「概要とサービス内容」をご覧下さい。 ご要望はこちらで承ります。