【MT5のワンティップ】メタトレーダー5の構造体

日本からグローバル展開を目指すトレーダーに最適
キャンペーンなし、本格派のための本物ブローカー
ゴールドと暗号資産に強い

インジケーターの開発をいたしました。暗号資産にも使える!ぜひご覧ください。
MT5 短期トレード検証用インジケーター【コストアナリシス】
スプレッド水準を把握しながら取引できるインジケーターです。①デイトレード・スキャルピングの際の価格変動対コストの把握や、②トレード可能な商品の選定にも使えます。※MT5のみです。

暗号資産取引所は米国発のFTXをお勧めします。
トレーダーのための取引所でサードパーティーのアルゴボットの提供が豊富です。

メタトレーダーのプログラムを簡単かつ迅速に開発するためのライブラリ構築をトリシュキン氏は考えているようです。

A library for easy and fast development of MetaTrader programs (part 1)

あらゆるデータ型は、同じプロパティを持つオブジェクトのセットとして表現することができます。MqlRatesという構造体は価格、ボリュームとスプレッドの情報を提供します。なお、こちらは定義済みの構造体なので宣言する必要はありません。

struct MqlRates
 {
  datetime time;         // 期間開始時間
  double   open;         // 始値
  double   high;         // 期間中の最高値
  double   low;          // 期間中の最安値
  double   close;        // 終値
  long     tick_volume;  // ティックボリューム
  int     spread;        // スプレッド
  long     real_volume;  // 取引高
 };

また、MqlTick構造体で表現されるティックは、固定されたプロパティのセットを持つオブジェクトであり、ティックデータのセットは、順序付けられたリスト(時系列)として表現することもできます。

MqlTick構造体は、銘柄ごとの最新価格を格納する構造体で、現在の価格についての最も必要なデータをタイムリーに取得するために設計されています。

struct MqlTick
 {
  datetime     time;          // 最新の価格更新の時間
  double       bid;           // 現在のBid価格
  double       ask;           // 現在のAsk価格
  double       last;          // 最後の取引の現在価格(Last)
  ulong        volume;        // 現在のLast価格の数量
  long         time_msc;      // ミリ秒単位の最新の価格更新の時間
  uint         flags;         // ティックフラグ
  double       volume_real;   // 現在のLast価格のより正確な数量
 };

例えば、以下のコードのようにlast_tickという変数を構造体MqlTickで呼び出して、最新の価格更新の時間(time)、現在のビッド価格(bid)、現在のアスク価格(ask)を表示します。スプレッドとピップス単位で表示できるようNormalizeDouble関数を使います。画像のようにティック毎にスプレッドのメッセージを見ることができます。

void OnTick()

{

MqlTick last_tick;

//—

if(SymbolInfoTick(Symbol(),last_tick))

{

Print(last_tick.time,”: ビッド = “,last_tick.bid, ” アスク = “,last_tick.ask, ” スプレッド = “, NormalizeDouble((last_tick.ask – last_tick.bid)*100, 3),” ピップス”);

}

else Print(“SymbolInfoTick() failed, error = “,GetLastError());

}

Print Friendly, PDF & Email

日本からグローバル展開を目指すトレーダーに最適
キャンペーンなし、本格派のための本物ブローカー
ゴールドと暗号資産に強い

インジケーターの開発をいたしました。暗号資産にも使える!ぜひご覧ください。
MT5 短期トレード検証用インジケーター【コストアナリシス】
スプレッド水準を把握しながら取引できるインジケーターです。①デイトレード・スキャルピングの際の価格変動対コストの把握や、②トレード可能な商品の選定にも使えます。※MT5のみです。

暗号資産取引所は米国発のFTXをお勧めします。
トレーダーのための取引所でサードパーティーのアルゴボットの提供が豊富です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

当サイトは、システムトレードに関する専門的な知識、技術、経験を皆様と共有することで、真剣なトレーダーの方々にインスピレーション(アイデアの源泉)の供給をいたします。トレーダーの競争力強化に焦点をあて、トレーディングシステムの構築を目的としてその普及に貢献します。 詳細は「概要とサービス内容」をご覧下さい。 ご要望はこちらで承ります。