SPICAのフォローアップ

FXインディケータ:SPICAのフォローアップが最近出来ていませんね。(しかも昔の画像ですみません。。)

インディケータと価格そのものを比べて見てみますと、明らかに価格のノイズが大きいことがわかります。この「ノイズを取りに行く」という考え方は実際のところおすすめできません。

それはノイズそのものが小さすぎてコストと見合わないからです。だからこそ、インディケータの本質的な傾向を知り、その方向に賭けるということが大切になってきます。方向性がきっちりしていれば、そのノイズにうまく乗る形でコスト節約が果たせます。インディケータの色が頻繁に変わるときはトレンドが変わっている時なので、そのときはトレードを止めておきましょう。

長期時間、短期時間でチャート足を描画させてトレンド方向が一致するかどうか確認することが大事です。

FXインディケータ:SPICA

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

当サイトは、システムトレードに関する専門的な知識、技術、経験を皆様と共有することで、真剣なトレーダーの方々にインスピレーション(アイデアの源泉)の供給をいたします。トレーダーの競争力強化に焦点をあて、トレーディングシステムの構築を目的としてその普及に貢献します。

詳細は「概要とサービス内容」をご覧下さい。

ご要望はこちらで承ります。