PC不調についての原因究明

大容量ファイル(数十ギガ)の移動やバックアップソフトを走らせるとフリーズするという現象が見られました。なかなか原因を特定できず時間だけが取られてしまいます。通常はコンピューターというのは便利なものなのですが、このような時期が度々訪れるのは厄介です。一つ一つしらみつぶしに探していくしか方法はないのかもしれません。

OSの再インストール → フリーズ発生 → Windowsシステム的な問題ではない
HDD入れ替え → フリーズ発生 → 物理的なHDDの問題ではない
メモリー差し替え → フリーズ発生 → 物理的なメモリーの問題ではない
掃除 → フリーズ発生 → 発熱ではない
CPU → 故障しにくいので除外

以上を試した結果、マザーボードが怪しいのではないかと睨んでいます。マザーボードは目で確認しても特に異常は見当たりませんでしたので、推測でしかないわけですが、普通はマザーボードの代替なんてものは持ち合わせていないわけですから、調べようがありません。今の問題は、長期的なプログラム実行でフリーズするというところなのでとりあえずダマシダマシ使っていき、どこかのタイミングでマザーボード交換を実施したいと考えています。通常のバックアップはできなかったため、他の方法を考えないといけません。バックアップができないというのは致命的です。

今回、システムトレードそのものの話題ではないですがシステムトレードを行う上でコンピューターというのは大事な要素を占めるため、掲載させていただきました。

Print Friendly, PDF & Email

2 件のコメント

  • こんばんわ。
    シリアルATAのケーブルが故障してる場合もあるかもしれませんので、HDD入替え時に確認されていなかったら新しいケーブルを試しに交換してみるのも手だと思います。

  • 素人様

    SATAケーブルを思いつくには至りませんでした。SATA3ケーブルというのも出ているのですね。何となくSATA経由でのデータ転送速度が出ずに、USBよりも遅いようにも感じていましたので全て交換することにします。大変貴重な助言をありがとうございます。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

    当サイトは、システムトレードに関する専門的な知識、技術、経験を皆様と共有することで、真剣なトレーダーの方々にインスピレーション(アイデアの源泉)の供給をいたします。トレーダーの競争力強化に焦点をあて、トレーディングシステムの構築を目的としてその普及に貢献します。 詳細は「概要とサービス内容」をご覧下さい。 ご要望はこちらで承ります。