【私の本棚】モチベーション革命を読んで

2017年9月出版。現時点の「世代間」の理解が深まります。戦後からのバブル世代、失われた20年世代、そして本題の「乾けない世代」。

今や残業当然のモーレツサラリーマンは×。煙たがられる存在でもあります。一昔前まではロールモデルだったこのモーレツサラリーマンも空回りする時代になったということでしょう。失われた20年世代も、先輩にならってモーレツを試みますがなぜか結果が見えてこない。急成長時代が終わったことで、今度はその舵取りにも苦労した世代でした。(※失われた20年世代については書かれていません。私の勝手な妄想。)

「乾けない世代」はほとんど全てが揃っていて稼ぐことに重点を置けない世代。そもそも資源があるので、その資源をいかに有効に使うかが肝心です。規模の経済を追求しない世代です。そして、それが今の時代の正解だということに「乾けない世代」以外の世代は気づきましょう。

例えば、前近代のヘッジファンドビジネスを見てみると、運用資産を際限なく集める時代というのは頭打ちです。もう成熟産業です。より快適に、より楽に生きるために何が必要か、何を揃えるべきかを考える時代です。

そのためには自己分析が必要で、才能を伸ばすために自分のTOP5の強みを見つけることが重要です。そのサポートツールが「ストレングスファインダー」です。US$19.99の有料版があり、有料版だからこそ質も高く詳細を見ることができるのかな、と思っていますがまだ私は試していません。まあまあ高いですし、ちょっとゆっくりとした時間を使って試したいというのもあるからです。やったら後ほど報告しますね!

Print Friendly, PDF & Email

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

当サイトは、システムトレードに関する専門的な知識、技術、経験を皆様と共有することで、真剣なトレーダーの方々にインスピレーション(アイデアの源泉)の供給をいたします。トレーダーの競争力強化に焦点をあて、トレーディングシステムの構築を目的としてその普及に貢献します。 詳細は「概要とサービス内容」をご覧下さい。 ご要望はこちらで承ります。