ハーフ・ブレイクアウト その2

まず、前回の検証では新規売りが抜けていましたので追加しました。新規売りも安定しています。

前後場足を作りたかったので、200分足で検証をしてみました。これも安定した結果でした。あまりに良すぎたのでシステム売ってくれませんかという輩が群がるのも嫌だったので手数料率0.1%を引いています。それでも、なかなかの結果です。エッジがありそうだと考えてもいいでしょう。200分足の時間軸計算でセッション区切りと通常時間区切りというのがあるのですが、普通はセッション区切りで前場後場と分けるものです。しかし、通常時間区切りだと0時からの200分足を計算してしまい、場中が変な区切りとなってしまいます。具体的には 9:00-10:00、10:00-13:20、13:20-15:00みたいな変則ローソク足です。これが少しよさそうな結果だったのでもう少し試してみたいと思いました。

怪我の功名といいますか、トレーディングなんてものは型なんてないですから、基本をマスターしていればいいだけです。あとは崩してみましょう。

Print Friendly, PDF & Email

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

当サイトは、システムトレードに関する専門的な知識、技術、経験を皆様と共有することで、真剣なトレーダーの方々にインスピレーション(アイデアの源泉)の供給をいたします。トレーダーの競争力強化に焦点をあて、トレーディングシステムの構築を目的としてその普及に貢献します。 詳細は「概要とサービス内容」をご覧下さい。 ご要望はこちらで承ります。