CBOEのデータをウェブスクレイピング

PythonでCBOEのデータをウェブスクレイピングします。CBOEとはシカゴ・オプション取引所のことでCBOE VOLATILITY INDEX(VIX指数)で有名です。Geminiで上場されているビットコインやイーサリアムもデータとして取得できます。

  1. import pandas as pd
  2. url =’http://www.cboe.com/delayedquote/advanced-charts?ticker=GXBT’
  3. dflist = pd.read_html(url)
  4. df1 = dflist[0]
  5. df2 = dflist[1]
  6. print(df1)
  7. print()
  8. print(df2)

実行結果

元のウェブページはこんな感じです。

GXBT:The Gemini Bitcoin Trade Price
GXET:The Gemini Ethereum Trade Price
VIX:Cboe Volatility Index

Print Friendly, PDF & Email

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

当サイトは、システムトレードに関する専門的な知識、技術、経験を皆様と共有することで、真剣なトレーダーの方々にインスピレーション(アイデアの源泉)の供給をいたします。トレーダーの競争力強化に焦点をあて、トレーディングシステムの構築を目的としてその普及に貢献します。 詳細は「概要とサービス内容」をご覧下さい。 ご要望はこちらで承ります。