200日移動平均線

200日移動平均線は長期の株価変動を見るのに最適な指標であり、その傾きによりトレンドの方向性を判断することもできます。直近価格が移動平均線のどの位置にあるかで現在の相場が強気なのか弱気なのかを判定することもできます。200日というのは最もポピュラーな移動平均線の期間であることから、市場参加者が注目していることもあって200日移動平均線の値そのものが抵抗帯もしくは支持帯として働くこともあります。

次に基本とみなされている期間は25日です。これは日経新聞でもよく掲載される期間であり、大衆の目に触れる機会が多いことからも25日移動平均線の値には注意する必要があります。

Print Friendly, PDF & Email

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

当サイトは、システムトレードに関する専門的な知識、技術、経験を皆様と共有することで、真剣なトレーダーの方々にインスピレーション(アイデアの源泉)の供給をいたします。トレーダーの競争力強化に焦点をあて、トレーディングシステムの構築を目的としてその普及に貢献します。 詳細は「概要とサービス内容」をご覧下さい。 ご要望はこちらで承ります。