高頻度売買トレーダーに対する恐れ

古参である機関投資家の注文は、ここ最近、高頻度売買トレーダーの食い物とされてきました。流石の機関投資家も面白いはずはなく、ダークプールと呼ばれる非公開取引やブロックトレードを行うことでコスト垂れ流しを防いできました。そのせいもあって、場中の流動性というのは欠乏しやすくなり、一方でオープンやクローズでの売買が増えるという現象が目立ち始めました。流動性を提供すると言われている高頻度売買トレーダーの存在が、その存在を恐れる他の投資家の参加機会を奪うことで、結果として流動性が欠如しつつあるということが起きています。これが、ここ最近のマーケットの特徴だと言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

当サイトは、システムトレードに関する専門的な知識、技術、経験を皆様と共有することで、真剣なトレーダーの方々にインスピレーション(アイデアの源泉)の供給をいたします。トレーダーの競争力強化に焦点をあて、トレーディングシステムの構築を目的としてその普及に貢献します。

詳細は「概要とサービス内容」をご覧下さい。

ご要望はこちらで承ります。