長生きはするものなのか?(Longevity Risk)

昨日の日経夕刊(9/29)山口大学経済学部教授の城下氏のコラムにて、資金枯渇リスクについての記事が掲載されていました。通常、生命保険というのは早く死ぬというリスクを減らすための保険なのですが、資金枯渇リスクというのは逆に長生きをすることで資産面でのリスクとなりうるということです。いわゆるLongevity Riskというもので、資産構築期が過ぎた後に生活費が足りなくなるといったリスクを意味します。

これを補填するものが年金であるわけですが、年金のみだと有意義な老後を過ごすには少し足りないのが実情です。ただ、有意義な老後を過ごすにはいくら必要か、といったことが議論されますが、人によって異なることから具体的な数字まで確定するのは難しいように思います。

老後のビジネスとしてトレーディングは最適なように思えますが、この記事によると、なんと71歳以上の3人に1人が認知能力の低下により金融上の判断が鈍るのだそうです。ということは、老後は悠々自適にトレーディングをして生計をつなぐというのも、今考えている以上に難しいものになるということは覚悟しておきましょう。

ここで抑えるべき大事なことは、Longevity Riskというものが存在するということでその準備を怠らないこと、そして年齢による衰えを軽視してはいけないということです。

Print Friendly, PDF & Email

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

当サイトは、システムトレードに関する専門的な知識、技術、経験を皆様と共有することで、真剣なトレーダーの方々にインスピレーション(アイデアの源泉)の供給をいたします。トレーダーの競争力強化に焦点をあて、トレーディングシステムの構築を目的としてその普及に貢献します。 詳細は「概要とサービス内容」をご覧下さい。 ご要望はこちらで承ります。