適者生存とトレーディングシステム

ダーウィン進化論「適者生存」
最強のものが生き残るのではなく、環境に適応したものが生き残る。
トレーディングシステムの堅牢性(robustness)は、いかなるマーケット状況においてもその理論的背景が崩壊しない性質を意味します。シンプルに言えば、破産しないシステムは堅牢だということです。これは、収益性を意味していません。当然、収益力のないシステムというのは存在意義がないのですが、ある一定期間に置いて抜群の勝率を誇るシステムがあったとしても、ちょっとした相場状況の変化により大損をしてしまうようなシステムは、その期間では最強であったとしても生存するのは困難なこととなるでしょう。

この適者生存になぞらえたストラテジーモデル開発を行っているリサーチセンターが米国マサチューセッツ州にあります。

AlphaSimplex http://www.alphasimplex.com/

創設者のDr. Andrew W. Loは金融のアカデミック分野でも興味深い論文を書くことで有名であり、MIT Sloan Schoolの教授でもあります。私もDr. Andrew W. Loのペーパーはよく読んでいますが、トレーディングに生かせる内容も多く大変面白いです。

後日、このウェブサイトを精読し、詳細はこの日記にて報告したいと思います。

Print Friendly, PDF & Email

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

当サイトは、システムトレードに関する専門的な知識、技術、経験を皆様と共有することで、真剣なトレーダーの方々にインスピレーション(アイデアの源泉)の供給をいたします。トレーダーの競争力強化に焦点をあて、トレーディングシステムの構築を目的としてその普及に貢献します。 詳細は「概要とサービス内容」をご覧下さい。 ご要望はこちらで承ります。