運用哲学と投資戦略

運用哲学と投資戦略をA4一枚にまとめることで自分の投資戦略がより明確になり、それに合わせて自分の投資方針に合わないトレードを回避することも可能です。運用哲学は企業理念と同じ意味を持ち、投資行動のビジョンを示します。過去にまとめたことがある人でも今一度見直しをして改訂することをお勧めします。

まとめるべき項目
・運用哲学(投資行動のビジョン)
・強み(何が得意なのか、何ができるのか)
・強化ポイント(伸ばすべき長所は何か)
・弱点(不得意なマーケット状況や苦手なこと)
・比較(他のトレーダーとの違い)
・投資戦略(定義、戦略名)

Print Friendly, PDF & Email

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

当サイトは、システムトレードに関する専門的な知識、技術、経験を皆様と共有することで、真剣なトレーダーの方々にインスピレーション(アイデアの源泉)の供給をいたします。トレーダーの競争力強化に焦点をあて、トレーディングシステムの構築を目的としてその普及に貢献します。 詳細は「概要とサービス内容」をご覧下さい。 ご要望はこちらで承ります。