端数の丸め方(Excel)

計算式で得られた結果が端数のときの丸め方について、具体的に、EミニS&P先物で考えてみます。

始値 高値 安値 終値
1112.00 1112.75 1112.00 1112.25

例えば、この四本値のピボットポイントは1112.333333です。そして、発注条件を以下に記します。

翌日の始値<ピボットポイントであるとき、
       ピボットポイントで買いストップオーダー

翌日の始値>ピボットポイントであるとき、
       ピボットポイントで売りストップオーダー

翌日に、このピボットポイントで発注をしたいと思ってもこのような端数での発注はできません。買シグナルが発生したと仮定し、終値を1120としたときに、(1120 – 1112.333333)×50ドルなので、383.3333333ドル儲かったと計算しても正確な数値でないことは明白です。

EミニS&P先物は最小値幅が0.25です。すなわち、手数料控除前では、(1120 – 1112.5)×50ドルなので、375ドル儲かった、とするのが正解です。では、エクセルの関数ではどのように計算すればよいのでしょう?計算式を挙げておきます。

買いエントリーのオーダー
=ROUNDUP(端数価格*X,0)/X

売りエントリーのオーダー
=ROUNDDOWN(端数価格*X,0)/X

Xは最小値幅の逆数。すなわち、EミニS&P先物は最小値幅が0.25なので、X=4を入力することで計算することが可能です。

Print Friendly, PDF & Email

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

当サイトは、システムトレードに関する専門的な知識、技術、経験を皆様と共有することで、真剣なトレーダーの方々にインスピレーション(アイデアの源泉)の供給をいたします。トレーダーの競争力強化に焦点をあて、トレーディングシステムの構築を目的としてその普及に貢献します。 詳細は「概要とサービス内容」をご覧下さい。 ご要望はこちらで承ります。