究極の自動売買

究極の自動売買はバイアンドホールド&フォーゲット(忘れる)だと思っています。しかし、株式のバイアンドホールド戦略は単純過ぎるため、資産のドローダウンが大きくなる傾向にあり、その期間ははっきり言って不愉快です。それを無くすため、ストラテジーベースで投資しているというのが私のスタイルです。

なので、システムトレードが自前でやるスキャルピングやデイトレとは違い、身を削るものでないことは明白です。

うまく運用できていると今度は何も考えなくなる。ただのオペレーターになってしまうというのが問題だったのですが、そこは猛省する箇所であり、何もしなければ徐々に収益源泉を削られるゲームをしているのだという認識は常にしておきましょう。

※システムを変えたため、リンク切れが多発しています。ご不便をお掛けしています。お気づきの点はコメントもしくは問い合わせにてご連絡くださいますようお願いいたします。

株式長期投資とシステムトレード

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

当サイトは、システムトレードに関する専門的な知識、技術、経験を皆様と共有することで、真剣なトレーダーの方々にインスピレーション(アイデアの源泉)の供給をいたします。トレーダーの競争力強化に焦点をあて、トレーディングシステムの構築を目的としてその普及に貢献します。

詳細は「概要とサービス内容」をご覧下さい。

ご要望はこちらで承ります。