税効果トレード

いよいよ年末に差し掛かり多くの投資家は税金対策を施すようになりますが、やはり12月になって慌てて売買調整をするよりは11月の早いうちに動いて、他の投資家より抜きんでいたいものです。一般的に、1月効果というアノマリーが存在しますから、これを機に自己のポートフォリオをうまく調整すれば、よい方向でアノマリーも利用できるかもしれません。

参考ブログ:日経平均株価の年間推移(シンプル化)
参考ブログ:最近4年の一月効果

税金対策は、含み損のある株式を確定し実現損を計上することで、実現損益を減らす動きが一般にみられます。実現損益は繰越しをすることもできますから、儲かっていない株は売られます。1月効果アノマリーについての、その後の上昇の理由ははっきりとしていませんが、一旦ポジションを落としたことにより手元にキャッシュが入ることにより、再分析することでよい銘柄に資金が回ることや、1月に新たな気持ちで買いを入れる投資家が多いことが原因ではないかと言われています。

Print Friendly, PDF & Email

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

当サイトは、システムトレードに関する専門的な知識、技術、経験を皆様と共有することで、真剣なトレーダーの方々にインスピレーション(アイデアの源泉)の供給をいたします。トレーダーの競争力強化に焦点をあて、トレーディングシステムの構築を目的としてその普及に貢献します。 詳細は「概要とサービス内容」をご覧下さい。 ご要望はこちらで承ります。