移動平均線(まとめ)

移動平均とは、ある一定期間の過去の値段を平均したもので、相場の分野のみに限らず様々な統計に使われている分析ツールです。一般的に、相場での移動平均というと単純移動平均のことを指します。

その他にも加重移動平均、指数平滑移動平均のように、移動平均には多くの種類があります。相場でよく使われる移動平均線は単純移動平均線のことで、過去の値段を追いかけるという特性からもトレンドの発見がしやすいという利点がありますが、トレンドの転換点を発見することが遅れてしまうという欠点もあります。

移動平均線にはグランビルの法則という8つのパターン法則がありますので、それを参考にしてシステム作成に取り組むのも良いと思います。移動平均線をマスターすれば、ボリンジャーバンド、MACDというテクニカル分析手法も使えるようになることだと思います。

【参考】
単純移動平均線の特徴

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

当サイトは、システムトレードに関する専門的な知識、技術、経験を皆様と共有することで、真剣なトレーダーの方々にインスピレーション(アイデアの源泉)の供給をいたします。トレーダーの競争力強化に焦点をあて、トレーディングシステムの構築を目的としてその普及に貢献します。

詳細は「概要とサービス内容」をご覧下さい。

ご要望はこちらで承ります。