相場を好きになる

好きこそものの上手なれといいますが、私は相場が好きです。なのでこんなブログも書いているのですが、好きなことを継続的に行うことは脳にとってもいいことで、健康にも生活にもいいことです。

相場を好きであり続けるためには、うまく付き合わないといけません。損をすることってあまりいい印象を持たないですよね。誰だって好きだと思わないはずです。ですが、損を取ることで初めて利益というのが徐々に積み重なっていくわけですから、損失許容額というのは事前に計測しておくべきでしょう。そして、その損失許容額を受け入れることで脳にマイナス感情を与えさせないというテクニックが必要になってきます。

小売ビジネスにおいては在庫を仕入れなければなりません。在庫を持つにはお金を払う必要があり、お金が出て行くことを脳はよく思わないはずです。しかし、将来飛び立っていく、飛躍するというイメージがあれば、仕入れについてマイナス感情は抱かないはずです。そして、ちゃんと売れているところはそのような負のイメージを持っていませんので、結果的に好サイクルが継続するのです。

また、最短距離(=すぐに金持ちになる)を目指すことはやめましょう。そのプロセスを愛することが大事であって遠回りなことであってもワクワク楽しめる方法を選んだほうが絶対にいいです。私はストラテジーのポートフォリオを組むのが大好きです。自動売買ストラテジーでマーケットに応じて売買して資産残高が変動することに快感を覚えます。すぐに大きくなってしまったら何も面白くないじゃないですか。そう考えるようにしています。

まあ、今はストラテジーのポートフォリオを組むというところでプログラミングだったり検証だったりでその業務負荷を超えるのが大変なのですが、その苦労も受け入れて少しずつ登って行きたいと思っています。車でビュンと頂上に行くよりも、自分の足で頂上を目指すほうが絶対に感動します。

というわけでみなさまと共に今日も頑張っていきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

当サイトは、システムトレードに関する専門的な知識、技術、経験を皆様と共有することで、真剣なトレーダーの方々にインスピレーション(アイデアの源泉)の供給をいたします。トレーダーの競争力強化に焦点をあて、トレーディングシステムの構築を目的としてその普及に貢献します。

詳細は「概要とサービス内容」をご覧下さい。

ご要望はこちらで承ります。