相場は懐疑の中で育つもの

フィスコより、相場は懐疑の中で育ち、今がリスクを取りに行くタイミングだという記事が配信されました。確かに、現在の状況は様々な問題を抱えながら徐々に回復しているような状態なのですが、投資家マインドがここは買い時であるだろうというムードになれば、逆にそれは間違っている可能性が高いのです。つまり、本当に懐疑的な場面でこそ相場は育つのであり、全体的に今がリスクを取りに行くタイミングだという雰囲気になれば、それは間違っている可能性が高いものです。

本日、円売り介入らしき動向が見られ、円が急落しました。今後の展開が見ものです。

Print Friendly, PDF & Email

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

当サイトは、システムトレードに関する専門的な知識、技術、経験を皆様と共有することで、真剣なトレーダーの方々にインスピレーション(アイデアの源泉)の供給をいたします。トレーダーの競争力強化に焦点をあて、トレーディングシステムの構築を目的としてその普及に貢献します。 詳細は「概要とサービス内容」をご覧下さい。 ご要望はこちらで承ります。