相場に勝てないときの対処法

システムトレードを継続する上で大事なことは、「システムをシステムどおりに運用すること」というのはよく言われることですが、システムどおりに運用してもどうにもならないくらい負けるときがあります。そんなときの対処法は1、リスクを減らす。2、気分転換をする。3、システム設計の見直しを図る。4、あきらめる。ということが考えられますが、このうちの4番目は相場撤退を意味します。そうならないように1~3番目の策を考えるわけですが、最も心理的負担を軽くさせるのが1番目です。

リスクを取らないことには利益を上げることができないのは当然ながら、精神の不安定なときに大きなリスクを取ることはあまりよくありません。小さいリスク・エクスポージャーで損失を回避し、利益をある程度貯めることができたならば、いつの日か必ず好機が訪れます。その時に利益を取れるため、十分なリスクを取れるために体力を温存するというのが相場で生き残る方法です。ですが、これはあくまで緊急措置法でもあり、理想のマネーマネジメントはどんな相場状況でも常にリスク一定で保つことです。

Print Friendly, PDF & Email

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

当サイトは、システムトレードに関する専門的な知識、技術、経験を皆様と共有することで、真剣なトレーダーの方々にインスピレーション(アイデアの源泉)の供給をいたします。トレーダーの競争力強化に焦点をあて、トレーディングシステムの構築を目的としてその普及に貢献します。 詳細は「概要とサービス内容」をご覧下さい。 ご要望はこちらで承ります。