相場で負け込んだとき

トレーディングをやっているととんでもなく負け込むときがあります。分散投資を心がけていても、分散されているはずのストラテジーやアセットクラスが全く噛みあわず、殆ど全てのカテゴリで損失計上、損失含みといったこともあるのです。利益を追求している以上これは避け難いイベントでもあるわけですが、許容範囲をある程度見積もっておくことは大切です。

このようなときはリスク保守的になり資産を守ることを大前提としたいところです。ギャンブラー体質の方は、短期で取り返そうと思って更にポジションを取ったりすることもありますが、そのような状況は必ず避けるようにしなくてはいけません。負けている時のゲームは負けやすいものです。

Print Friendly, PDF & Email

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

当サイトは、システムトレードに関する専門的な知識、技術、経験を皆様と共有することで、真剣なトレーダーの方々にインスピレーション(アイデアの源泉)の供給をいたします。トレーダーの競争力強化に焦点をあて、トレーディングシステムの構築を目的としてその普及に貢献します。 詳細は「概要とサービス内容」をご覧下さい。 ご要望はこちらで承ります。