生産性向上のためのシステムトレーダーの開発スタイル

研究者の研究スタイルと対比して、システムトレーダーのシステム開発スタイルについての注記です。

1. まずイシューありき
issue: 意味=問題(点)、論点、争点、課題、議題 (英語辞典スペースアルクより)

トレーディングシステム構想のタイトルを簡潔に言えること。動機付けであり、かつ明確でなければならない。間違いなく重要ですね。

2. 仮説ドリブン
どのエントリーで、どのエグジットであるべきか。図で書けること、デザイニングされていることですね。頭の中で既にシステムが出来上がっているレベルまでいけば、かなり早いです。

3. アウトプットドリブン
潰していくことです。上記、デザインされたトレーディングに対して反論を投げかけていきます。システムの場合はストレス・テストを行うことに近いかもしれないです。これは、実戦でも見ることができますが、できることならばシミュレーションの段階で克服したい部分です。

4. メッセージドリブン
流れ、ワークフロー。美しいトレーディングの流れとなることですね。システムが実行されるにしたがい、ここで売るのか、ここで買うのかと感心するくらい小気味よく執行されていくのがいいシステムだと思います。

Print Friendly, PDF & Email

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

当サイトは、システムトレードに関する専門的な知識、技術、経験を皆様と共有することで、真剣なトレーダーの方々にインスピレーション(アイデアの源泉)の供給をいたします。トレーダーの競争力強化に焦点をあて、トレーディングシステムの構築を目的としてその普及に貢献します。 詳細は「概要とサービス内容」をご覧下さい。 ご要望はこちらで承ります。