現在の金相場

ニューヨークの金先物価格が1400ドルを超えてきています。金は、過去に金本位制度が導入されていたことから通貨制度と深い関わりがあり、特にインフレ動向に深く結び付いています。金価格が上昇するとインフレ懸念が強まり、下落するとその逆となります。つまり、現在の状況は世界的なインフレが懸念されているというわけですが、同時に不安定な中東情勢などの地政学的なリスクが高まったことで安全資産への逃避がなされているということも背景にあります。

金価格が下落を始めると、続いて株式が上がり始めるというマーケットの相互関係の理論があるわけですが、現在は金融相場である兆しが見えることから、商品価格と株式が同時にじわじわと上昇してきているのが最近の状況です。

金の現物価格はロンドン市場が中心となりますが、先行きの指標となりやすいものはニューヨークの金先物価格となります。取引価格は1トロイオンス(31.1035グラム)という貴金属特有の単位を用い、オンス(28.349523125グラム)とは微妙に異なります。

NY金先物価格早見表
直近取引価格 約$1,400
倍率 100
取引単位 ドル/トロイオンス
最小値幅 $0.1
総額 約$140,000
円換算(82円) 1,148万円
1グラム当たり ¥3,691
東工取金価格 約3,700円
参考:2011年2月後半

 

レギュラーセッションは、8:20-13:30(米国東部時間)となり債券先物と同時刻で始まりますが、基本的にはほぼ24時間取引です。2001年頃に300ドル程度だった金価格が1400ドルを超えてしまったというのは驚きです。Commitments of Traders(過去記事)によると、投機筋は一貫してロングポジション超過の状態が続いています。

Print Friendly, PDF & Email

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

当サイトは、システムトレードに関する専門的な知識、技術、経験を皆様と共有することで、真剣なトレーダーの方々にインスピレーション(アイデアの源泉)の供給をいたします。トレーダーの競争力強化に焦点をあて、トレーディングシステムの構築を目的としてその普及に貢献します。 詳細は「概要とサービス内容」をご覧下さい。 ご要望はこちらで承ります。