満月から新月へ推移するときの売買行動

昨日は皆既月食ということもあってか更新忘れがありました。本日は辻褄合わせのため、もう一回更新する予定です。

月といえば、トレードシステムエンジニアの高橋さんのブログを思い出します。しばらくは休載するとのことで寂しい気持ちもありますが、売買に専念されるとのことで仕方ない気はしています。トレーダーはブログを書くということはむしろサブの仕事であり、本業をおろそかにしてはいけないからです。しかし、ブログを書くということはそれだけで有益な面も少なからずありますので私はしばらく続ける予定です。

月の満ち欠けの検証で、周期をずらすということで評価されていますが、結論としてグラフから評価すると、満月から新月のタイミングをやや遅らせることでプラス損益を計上しているようです。最適化すると2日後のタイミングで一番パフォーマンスがよかったということでしたので、満月となって一息入れてから行動を起こし、月が見えなくなるタイミングでもゆっくりと行動を起こすことがベストのようです。ちなみに、皆既月食というのは満月でもありますから、今週はちょうど満月から新月のタイミングとなります。

Print Friendly, PDF & Email

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

当サイトは、システムトレードに関する専門的な知識、技術、経験を皆様と共有することで、真剣なトレーダーの方々にインスピレーション(アイデアの源泉)の供給をいたします。トレーダーの競争力強化に焦点をあて、トレーディングシステムの構築を目的としてその普及に貢献します。 詳細は「概要とサービス内容」をご覧下さい。 ご要望はこちらで承ります。