株式の日中オープンブレイクアウト・システム

株式の日中オープンブレイクアウト・システムのロジックを公開いたします。残念ながら検証はしておらず、ただのアイデアレベルなのですが、今後の参考にはなるかと思います。うまく行かない・・・かもしれませんし、すごくいいかもしれません。後日、余裕があれば結果を報告します。

・1分足

・オープン後、9:05〜9:16:59の高値安値を確認。

・9:05〜9:16:59の高値安値から拡大方向に±前日終値0.06%で逆指値注文(注文値は0.06%の切り上げで呼値を調整)。

・9:17〜9:23:59で約定した場合は片サイドをキャンセル。両方の注文が約定しない場合は9:23:59でキャンセル

・9:00〜9:04:59と約定した注文が同方向であれば、0.9%で利食い、0.6%で損切り。そうでなければ、0.6%で利食い、0.9%で損切り。

*同方向=9:00〜9:04:59が陽線で買い注文が通った。あるいは9:00〜9:04:59が陰線で売り注文が通った。

・利食い、損切りが通らない場合は日をまたいでの持ち越し。最終は金曜14:00。

【補足】

9:05〜9:16:59のレンジ幅フィルタや、9:00〜9:05と9:05〜9:16:59の高値安値の位置フィルタを検討してみたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

当サイトは、システムトレードに関する専門的な知識、技術、経験を皆様と共有することで、真剣なトレーダーの方々にインスピレーション(アイデアの源泉)の供給をいたします。トレーダーの競争力強化に焦点をあて、トレーディングシステムの構築を目的としてその普及に貢献します。

詳細は「概要とサービス内容」をご覧下さい。

ご要望はこちらで承ります。