板分析とマーケットの特徴

板の分析より結論として言えることは、市場によって様々な特徴があるということです。例えば、出来高が多いマーケットであっても常に板には少数しか出ていなかったり、ど厚い板があっても値動きがあまりないことから出来高は月並みであったりと色々な特徴が想定されます。つまり、マーケットでは一日の出来高と板の厚さは必ずしも一致しません。

一日の出来高から算出したサイズで取引を行った場合でも、板が薄いときは思った以上に値段が悪くつくことがあります。勝てるストラテジーでも無茶なトレードを行っていれば勝率ゼロです。知っているということと、理解していることというのは別ですので、実戦経験が乏しいマーケットにおいては事前に慎重に分析をして参入するべきです。

Print Friendly, PDF & Email

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

当サイトは、システムトレードに関する専門的な知識、技術、経験を皆様と共有することで、真剣なトレーダーの方々にインスピレーション(アイデアの源泉)の供給をいたします。トレーダーの競争力強化に焦点をあて、トレーディングシステムの構築を目的としてその普及に貢献します。 詳細は「概要とサービス内容」をご覧下さい。 ご要望はこちらで承ります。