東証・大証が来年秋にも経営統合

ユーザーは使い勝手の良いものを求めているだけで、そもそも取引所の一元化を求めているわけではない。これまでの取引所が乱立している(数が多い)ことは問題だが、だからといって数を減らすことだけが問題を解決するわけではないと思います。今後は、当事者間で統合比率や肩書の扱いを話し合うわけですが、最も話し合わなければならないのは日本の取引所が海外に対し、競争力を維持し高めることができるかどうかです。

Print Friendly, PDF & Email

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

当サイトは、システムトレードに関する専門的な知識、技術、経験を皆様と共有することで、真剣なトレーダーの方々にインスピレーション(アイデアの源泉)の供給をいたします。トレーダーの競争力強化に焦点をあて、トレーディングシステムの構築を目的としてその普及に貢献します。 詳細は「概要とサービス内容」をご覧下さい。 ご要望はこちらで承ります。