最大レバレッジ比率とレバレッジ

-レバレッジ-
資金を他から借り入れることにより、自己資金に対するリターンの倍率を上げることをレバレッジをかけるといいます。運用の世界では、証拠金取引や信用取引を通して効率的に資金を回転させることができるわけです。最大レバレッジ比率と口座ベースでのレバレッジ比率とで意味合いが違いますのでご注意下さい。

-レバレッジの計算方法-
式:(運用総額-口座残高)÷口座残高×100=レバレッジ(%)

『日経225先物』
価格:9,680円 倍率:1,000倍 証拠金:60万円
最大レバレッジ比率:
16.13倍(9,680×1,000÷60万円)

口座残高100万円のとき、日経225先物を1枚購入
運用総額÷口座残高×100
9,680×1,000×1枚÷100万円=9.68倍
868%のレバレッジを使用。

口座残高968万円のとき、日経225先物を1枚購入
運用総額÷口座残高×100
9,680×1,000×1枚÷968万円×100=1倍
レバレッジは使用していない。

Print Friendly, PDF & Email

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

当サイトは、システムトレードに関する専門的な知識、技術、経験を皆様と共有することで、真剣なトレーダーの方々にインスピレーション(アイデアの源泉)の供給をいたします。トレーダーの競争力強化に焦点をあて、トレーディングシステムの構築を目的としてその普及に貢献します。 詳細は「概要とサービス内容」をご覧下さい。 ご要望はこちらで承ります。