時系列データでの季節調整法

時系列データでの季節調整を行う場合、データの誤差を最小にするために、例えば全て過去の期間を使用するのではなく、過去と未来のほぼ同数の期間を用いて平均値を算出します。しかし、四半期、12ヶ月などの偶数である場合は、過去と未来のほぼ同数の期間を用いるのは実質不可能であることから、その期間である中心の二つのデータを使って算出した値をさらに平均化します。この平均された値を中心化移動平均といいます。中心化移動平均法により算出された各データを期間毎にまとめて合計がゼロとなるよう標準化を行い、さらに期間毎の補正値を算出します。あとはその補正値より原データを修正すると季節調整済みのデータが得られます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

当サイトは、システムトレードに関する専門的な知識、技術、経験を皆様と共有することで、真剣なトレーダーの方々にインスピレーション(アイデアの源泉)の供給をいたします。トレーダーの競争力強化に焦点をあて、トレーディングシステムの構築を目的としてその普及に貢献します。

詳細は「概要とサービス内容」をご覧下さい。

ご要望はこちらで承ります。