日経225先物の夜間と日中の値動き比較について

日経225先物に関して、日中は機関投資家のバスケット取引、プログラムトレーディングやオプションの行使価格が関係して値動きを睨んだ展開が続いて値幅が小さくなっているが、海外時間になるとその制約がなくなるためにマーケットに応じて素直に動くという解説があったのですが、これは違います。

値動きを睨んでいる人が少なくなっただけです。が、専門誌には建前でこのように書かなくてはいけないときもあるということだけ押さえておきましょう。

Print Friendly, PDF & Email

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

当サイトは、システムトレードに関する専門的な知識、技術、経験を皆様と共有することで、真剣なトレーダーの方々にインスピレーション(アイデアの源泉)の供給をいたします。トレーダーの競争力強化に焦点をあて、トレーディングシステムの構築を目的としてその普及に貢献します。 詳細は「概要とサービス内容」をご覧下さい。 ご要望はこちらで承ります。