日米指数の複合グラフでの分析

緑のラインがダウ先物ミニオレンジのラインが円建て日経平均先物です。価格水準の比較について学術的には意味をなさないのですが、トレーディングという分野ではきちんとした意味を持ちます。チャート範囲は2年間で、日足ベースとなっています。

真ん中のブルーラインは円先物です。上昇していれば円高、加工していれば円安で我々がよく見ている111円、112円の逆数となります。一番下の赤いラインはダウ先物ミニと円建て日経平均先物を引いたものです。

ここ最近でダウ日経を上回ったというのはなかなか珍しい現象でもあり、かつ円も高値圏にあるというのは大変興味深いです。

以下のグラフは15年間で、月足ベースとなっています。

dow&nikkei2さて、どんな感じに見えるでしょうか。上昇トレンドが始まりそう?日経はダウよりも上下動が激しいですね。ここ3、4年で為替の円安が進んだことで日経がアウトパフォームした?色々とアイデアが浮かんできそうです。

Print Friendly, PDF & Email

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

当サイトは、システムトレードに関する専門的な知識、技術、経験を皆様と共有することで、真剣なトレーダーの方々にインスピレーション(アイデアの源泉)の供給をいたします。トレーダーの競争力強化に焦点をあて、トレーディングシステムの構築を目的としてその普及に貢献します。 詳細は「概要とサービス内容」をご覧下さい。 ご要望はこちらで承ります。