新年あいさつとコメント

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。本日は、1月1日が日曜だったこともあり、ほとんどの国でマーケットは閉まっています。明日(1月3日)からは欧米マーケットが本格的に開始されるので今年も気を引き締めて頑張りましょう。

-Long View-
昨年は株価が低迷したということもあり投資意欲が削がれた一年でもありました。しかし失望の中に光明が差し込んでいるやもしれず、今年は期待してもいいかもしれません。辰年は株価が上昇しやすい年でもありますので、悲観一色だからこそ大衆の裏を行くのがよいと思います。これまで陽の目を見なかった日本株なんかいいかもしれませんよ。

-System View-
一般的に、システムトレードのストラテジーがうまく機能しないのが昨年でした。成績を公開している著名システムブロガーも成績が振るわない様子が多く見られましたが、これまでずっと勝ち抜いてきた方々ばかりですから、必ずや巻き返しがあると思います。

ヘッジファンドのCTAの成績もよくなかったようで、株価低迷とCTAマイナスパフォーマンスのダブルパンチだったことはほとんど記憶にありませんので、昨年は特殊な年だった言えそうです。しかし、その「特殊な年」というのはいつも当てはまるものなので、周りを基準にするのではなく日々精進するべきでしょう。

-Policy View-
消費税増税の具体的数値や時期が提示されるなど、緊縮財政の波が日本にも押し寄せてきました。火種でもある欧州各国の今後の動向にも注目が集まります。今後も人類が築き上げた経済理論が戦うことになると思いますが、その戦いぶりがまとまっていますので一度ご覧ください。

ケインズvsハイエク(YouTubeにリンク)

ケインズvsハイエク 第2ラウンド(YouTubeにリンク)

Print Friendly, PDF & Email

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

当サイトは、システムトレードに関する専門的な知識、技術、経験を皆様と共有することで、真剣なトレーダーの方々にインスピレーション(アイデアの源泉)の供給をいたします。トレーダーの競争力強化に焦点をあて、トレーディングシステムの構築を目的としてその普及に貢献します。 詳細は「概要とサービス内容」をご覧下さい。 ご要望はこちらで承ります。