数理分析の切り口

データを前にしてどのように数字を加工するべきかを考えるのは思いのほか難しい。それは、学校教育で与えられるような学習とは違い、恐らく殆どの人が過去にそのような訓練をしていたわけではないからであろう。想像だが、数理分析や統計分析に長けた者が上司ないしは外部者から、あるデータをどうにかして分析するよう迫られるようなプレッシャーにより訓練され強化される能力だと思われる。つまり、解答は与えられずにかつ何らかの手法を使って分析しなくてはいけない、という豊富なインプットに基づいた的確なアウトプットが求められるというのがこの作業を難しくさせる理由であろう。このような資質は、システムトレーダーに求められる素養であり、大手ヘッジファンドやプロップハウスが求めるスキルであると考える。

Print Friendly, PDF & Email

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

当サイトは、システムトレードに関する専門的な知識、技術、経験を皆様と共有することで、真剣なトレーダーの方々にインスピレーション(アイデアの源泉)の供給をいたします。トレーダーの競争力強化に焦点をあて、トレーディングシステムの構築を目的としてその普及に貢献します。 詳細は「概要とサービス内容」をご覧下さい。 ご要望はこちらで承ります。